Home > 盗聴器に関する情報 > 盗聴器発見するにはいろんな方法があるけど

盗聴器発見するにはいろんな方法があるけど

自宅や職場などで盗聴器発見するにはいろんな方法があります。
まず自分でそれを発見しようとする場合で最初に対策をするべきことは、周囲の音でカモフラージュすることとなります。
というのは盗聴器を発見しようと活動する場合は、その物音のために相手にばれる可能性があるからです。
その物音をかき消すために周囲の音を使ってカモフラージュするようにします。
具体的なカモフラージュの音はテレビやラジオや録画録音の音などとなります。
これらの音で作業中の物音をかき消すようにします。
もちろん作業中は声を出さないように気を付けないとなりません。
そのうえで次なる対策はFMラジオや広域電波受信器を用意することとなります。
というのは盗聴器にはいろんな種類がありますが、そのうちの一部は電波を発信しているからです。


電波を発信している盗聴器は周波数が決まっています。
そのためそのFMラジオなどで周波数を少しずつ変更するなどしていきます。
もし該当してるならば、ある周波数になるとFMラジオと盗聴器の周波数が同一になるので、エコーみたいな状態になります。
あとは大きく聞こえる場所を探して特定をするなどします。
しかしFMの周波数帯にない場合は、広域受信機などで探していくことになります。
ただいずれも近年のデジタル周波数となると発見が困難になります。
なお侵入して仕掛けられる可能性がある場所の候補としては、電話の保安器や室内灯、コンセントなど様々となります。
しかし盗聴器は誰かが部屋に侵入して仕掛けられてるとは限らない場合があります。
一部ではスマホのアプリなどが不正にインストールされていたりなどして盗聴されてる場合があります。
その際にはそれらのアプリなどを除去する必要があります。


これらの対策を行ってもまだわからない場合は業者に依頼する方法があります。
その業者に依頼する場合で最初にやるべきことは、依頼の電話は自宅から出て誰もいない屋外の場所で携帯電話から依頼ということになります。
というのは自宅で電話するとその内容がばれるからです。
その依頼電話をすると業者のスタッフは全く関係ない姿で登場することになります。
その業者の依頼をする際に注意することは、アナログ第三種工事担任者以上の国家資格を持ったスタッフであることとなります。
これは仮に発見された場合でも、その資格がないと法律が勝手に除去できない決まりになっているからです。
盗聴器が発見された場合のフォローで警察への連絡、NTTや裁判での立会をしてもらえるかなどとなります。
もちろん調査結果の報告書を書面で提出できなければ話になりません。

次の記事へ

PAGE TOP